日々のこと お店のこと
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

どうでもよい個人的なこと。

ある日の夜のこと。

 

世の中の人全てが、それぞれその人にしかない特別な何かを持っているのに、自分には何もない気がした夜がありました。つい最近の出来事です。それはまさに20代の頃に抱えていた悩みでもありました。周りの人全てが輝いて見えるのに、自分には何も特別なものがないと落ち込んでいたあの頃。自分を励ましてあげられる要素は1つもなく、あの頃はただただ落ち込んだだけでした。

 

あれから十数年、今は解決方法を知っています。

そう。焦ってもしょうがない。気が急いても息切れしないように着実にゴールを目指す。ただ目の前のことをコツコツ積み上げるしかない。そうやってコツコツ コツコツ積み上げたことが、きっと未来の自分の自信へとつながると思います。今の気が急くきもちは とりあえず宝箱にでも入れて鍵をかけ、いつか自分に自信がついた時に取り出して愛でてあげられたらいいなと思っています。

 

 

新しい目標を見つけたので、それに伴い今年はいろいろな勉強をスタートしました。

英会話 grammar ファイトマーシャル 漆塗...

全てバラバラのことのように見えますが、全部同じ方向へ向かうためのツールです。今年も残り2ヶ月。あと2ヶ月、全力で生きたいと思います。

 

 

余談ですが、近所のケーキ屋さん山の麓さんが今年の秋にお店をリニューアルされ、イートインスペースがとても広くなりました。テーブル席とカウンター席があり、平日はゆっくり寛げる穴場です。オーナーさんが「お仕事でもお勉強でも、好きに使っていただいていいですよ〜」と言ってくださったので、早速勉強道具を持ち込んでみました。ケーキと珈琲で脳に栄養補給し(という言い訳をして甘いものをw)、クラシック音楽を聴きながら落ち着いた空間で勉強するのはとても捗ります。お友達とのおしゃべりのひとときや、一人でぼーっとしたいとき、集中して何かをやりたいときなど活用されてみては如何でしょう?

 

 

 

 

 

 

 

ふと。



目的地は決まっていて、あとはそこに向かって一歩一歩歩みを進める。
道に迷ったら地図やコンパスを頼り、そしてまた歩みを進める。

これって山だけの話ではないなーと、改めて思うのです。


休日に登った 黒髪山山頂。よいお天気でした。
好きなものだけ。


好きなものだけ。  



今すぐじゃなくてもいい。全部一度に じゃなくてもいい。 
少しずつだけど「好きなものだけ」の暮らしに近づいていく。 

それこそが、快適。


使い込んだタオルにサヨナラして、全とっかえしてみました。 
KONOITOのガーゼバスタオル かのこタオル & Cotone.



…と、手ぬぐい。 


 柄を楽しむのは手ぬぐいだけで十分。それが私の選択です。


登山再び。

最近ウォーキングしたり Runningしたり 山登ったりたり 畑したり。

でも目的ってそれぞれだなーと感じていて、例えば山登るひとつにしても
鍛錬なのか景色を楽しむのか、一緒に登る人との時間を楽しむのか 
山頂での時間を楽しむのか、山道具を楽しむのか 下山してからの温泉と
おいしいごはんを堪能したくて登るのか 山頂を目指すのか 目指さないのか… 

とかとか それによって登るスタイルもペースも道中の過ごし方も変わって
くるんですよねー、きっと。 

でも山に関して共通して言えるのは、無事に下山すること ですね。


何をやるにしても、どこに向かっているのか何のためにやるのかって
大事なこと。常に自分に問うてあげなければですね。



産むってたいへんなんだね。
 
鶏のたまごなんて、ぽろっと簡単に出てくるものだと思っていました。
けれどそんな簡単じゃない、命が生まれるっ
てやっぱり大変なことなんです。

我家のコッコちゃん、たまごを産むのも一苦労です。コォーッ コッコッ コーーー 
と、陣痛なのかどうなの
か、とっても苦しそうに鳴いたり 地面をつついたり
ウロウロしたりしながらやっとの思いで産んでいます。

そんな彼女の苦労を見ていたら「食べ残したり捨てたりな
んてできないよ」って、
思ってもらるんじゃないかなー。


新入り。
我家に新入りがやってきました。 コッコちゃん、Ladyです。

昼間はテカラの庭を散策しながら、昆虫を追いかけ葉っぱを食み 土をほって
日向ぼっこしたりしながら過ごしてます。 夜は小屋でおやすみ。

今朝は一緒に畑へ出かけました。庭よりも畑のほうがたくさん美味しいものが
あるみたい。ミミズやバッタ、蜘蛛やだんご虫 いろんなものをつつきます。
虫や草をいっぱい食べ糞を土に戻し、それを微生物が分解して栄養となし野菜を
育ててくれる。なんだか循環を感じました。

よく、爐劼箸録べたものでできている瓩噺世い泙垢、野菜もきっと食べたもので
できている、即ちどんな土で育つかが一番大事なんじゃないかと思いました。


5日に3日くらい、たまごを産んでくれます。 連れ去られるたまごを、名残惜し
そうに見つめるコッコちゃんです。



 
モノ選び
昔の日本人は、一つのものをいろいろに使うことに長けていたそうです。
(突然ですが)


蕎麦猪口を蕎麦猪口としてはもちろんのこと、お茶やコーヒーなど飲み物
を注いだり、小鉢にしてみたりアイスクリームを盛ったり 活ける 飾る etc

手ぬぐいを文字通り手拭いにしたり、頭に巻いたり ものを包むのに使ったり
etc・・


そういう牋豐鐶人有瓩覆發里私は好きだなー と思う今日この頃です。





さてさて、今年初めての展示会の準備中です。

私が日々mikaちゃんまたあの服着てるよ〜瓩隼廚錣譴襪らい
着倒しているお気に入りの服・・・

好きな器も好きな服もとことん使い倒すのが好きです。だんだん自分に
なじんでくるのが好きです。

あなたのモノとの接し方はどんな感じですか?

BUCOLICAの服展 「春の便り」
2012年2月19日(日)〜26日(日)
器と結婚と。
友人の結婚式に行ってきました。

綺麗な花嫁と、こわばった顔の新郎(笑) 心温まるメッセージ。本当にお祝いしたい
人ばかりが集まったという印象を受けた、ステキな披露宴でした。

笑って 泣きました(笑)

結婚って、いいですねー。






スピーチを頼まれいろいろ過去に思いを巡らせていたら、ふと器と結婚の共通点
が思い浮かびました。


購入する前の器は たくさんの中の一つでしかありませんが、ひとたび家に連れて
帰ればそれは唯一無二の存在になり、削れたり欠けたりしながら共に歴史を
刻んでいきます。割れてしまったら捨てることも修復することもできますし、欠けた
まま それでも手放せず使い続けるかたもいらっしゃいます。

修復してももとの姿には戻れませんが、もとの姿以上の美しさとと愛着を感じて
いただけることも多いでしょう。



夫婦もこれに同じだと感じます。

喧嘩しても投げ出したくなることがあっても、欠けたままにするのか修復するのか
選べる気がします。もちろん、お別れしちゃうこともあるでしょう。



そして私は、器も夫婦も欠けては直し欠けては直しを繰り返しながら、他の何にも
代わることができない そんなものにしていきたいです。


馬場勝文 うつわ展 11月3日〜
巡り巡ってくるのだろう

作品が到着するたび、ダンボールがどうしても増えてしまいます。たくさん増える割に
使うことがほとんどないので、増えちゃうんです。

作家さんにお返ししたり、資源ごみに出したり...というのが常になってしまいますが、
今回ちょっとリユースしてみました。



ダンボールハウス for Cat


って言っても、穴あけただけですが(汗)



意外に楽しんでくれています。












楽しく遊んでいる時はいいですが、お客様が来られると
『ご挨拶する〜!!!』って、ミャーミャー主張するから困りものです。どうか
落ち着いたオトナの男に成長してくれますように。

続きを読む >>
張り紙しようかな


この前 人見知りをするっていう話をしていて、どうしたらいいかなーって言いながら
思いついたこと。

「人見知りする店主がいます。なかなかいいヤツですので、話しかけてみてください」

って張り紙

ホントにやってみようかな?(笑)